人生がモヤモヤしている人必見!自分らしい人生を送れない理由とは?


こんにちは、深谷です!

先日、私の知人が、
「本当はやりたいことがあるんだけど、今やっている仕事を辞めるのがもったいなくて、新しいことに挑戦できない。」
そんなことを言っていました。

私はその話を聞いて「何か違うな?」と思ったので、その違和感を感じた理由と、その対処法をお伝えしたいと思います。

未来の自分を作るのはこれからの自分

そもそも、私の知人はヨーロッパが大好きで、「今すぐにでもヨーロッパで暮らしたい。」といつも話しています。

ところが、彼の仕事は不動産会社の営業で、どう考えてもヨーロッパで暮らすというのは定年を迎えるまで、実現できそうにありません。

彼は定年を迎えるまで、今の会社で働き続けなければいけないのでしょうか?
そして、彼は定年を迎えてから本当にヨーロッパで暮らすことができるのでしょうか?
さらに、60歳を過ぎて体力も衰えてからヨーロッパで暮らすことは、彼にとって望んでいる姿なのでしょうか?

つまり、私が感じた違和感というのは、彼には本当になりたい理想の姿があるのにも関わらず、「今やっている仕事を辞めるのがもったいない」という理由で、その姿を実現することを諦めてしまっている点です。

そこで、私が相談を受けた数日後に、彼に伝えたことは、
「未来の自分を作るのは今までの自分ではなく、これからの自分である。つまり、過去にとらわれていると、本当になりたい自分にはいつまでたってもなれない」
ということです 。

会社を辞めて得られた未来

実は私にも同じような経験があります。

私は大手の外資系ソフトウェア企業でマネージャーを務めていました。

しかし、私には「自分の好きな時に、好きな所で、好きな仕事をして生きていきたい」という理想の姿がありました。

そこでどう考えても、当時の会社のマネージャーをしながら、例えばハワイで半年暮らして仕事をするなどということは、当然実現できない夢でした。

しかし、当時の私には、せっかく入った大企業の、それもマネージャー職を辞めてしまうのはもったいなさ過ぎるという思いがありました。

ただ幸運なことに、私には会社を辞めることを考えるきっかけがありました。

そして、その時に、思い切って会社を辞めてみることにしました。

その結果、今は好きなことをして、好きな時に働いてくという暮らしを送っています。

正直まだ十分な収入を得ているわけではありませんが、それでも自分の本来なりたい姿に向かって日々働いて暮らしているので、とても充実した気持ちで毎日仕事をしています。

もし、あの時、私が会社を辞めずに、そのまま前と同じ仕事を続けていたら、きっと今のような充実した感覚を味わえることはなかったと思います。

今は、自分のなりたい姿に向かって生きているというのを強く感じながら、充実した日々を送っています。

過去の自分を捨てることで理想の自分を実現しよう

未来の自分を作るのはこれからの自分であって過去の自分ではありません。

思い切って今までの自分を捨て去ることで、自分の本当になりたい姿に向かうことができるようになります。

もったいないという気持ちや、新しいことに挑戦する恐れは、私にも十分わかります。

けれども、その気持ちを断ち切って行動した人にしか、自分の本当になりたい姿というのは手に入らないものです。

あなたも本当になりたい姿があるのであれば、そして、自分が今やっている仕事が、そのなりたい姿に結びつかないのであれば、一度勇気を持って辞めるという決断を下してみても良いのではないでしょうか 。