WP-Members:ユーザー名の代わりにメールアドレスでユーザー登録できるようにする方法

WordPressで会員サイトを作るためにWP-Membersを利用してるのですが、ユーザーの登録画面にあるユーザー名の扱いに困っていたので、その問題と私が採用した解決策をお伝えします。

ユーザー名必須問題

WordPressでは、ユーザーの登録時にユーザー名(username)の入力が必要となります。

登録画面の例

この項目はログイン時に利用したり、ユーザーの名前として表示されたり、WordPressを利用していると色々な場面で目にすることがあるのですが、ユーザー名というよりはユーザーを識別するためのIDのようなものです。

ユーザー名の登録は英数字のみ利用が可能なのですが、ここが日本語でサイト構築をしているとネックとなります。
我々日本人としては、ユーザー名と言えば、多くの場合、まずは漢字やひらがな、カタカナを使って入力しようとします。
ところが、いざ登録しようとすると、「ユーザー名は英数字のみ使えます」みたいなメッセージが表示されて登録できないことになります。

そうすると「うん?ユーザー名なのに英数字のみってどういうこと?」って多くの方はなると思うんですよね。

また、ユーザー名は英数字しか利用できないので、結局ユーザー名の下に、名前を入力する項目を作らなくてはいけなくなります。
これもユーザーからすると「うん?ユーザー名と姓と名ってどう違うの?」ってことになってしまいます。

Email as Username for WP-Members

この問題の解決策として利用したのがEmail as Username for WP-Membersというプラグインです。
このプラグインはWP-Membersを利用している場合に、ユーザー登録画面からユーザー名の入力項目を非表示にし、代わりにメールアドレスをユーザー名として登録してくれます。
また同時にメールアドレスでログインできるように変更してくれます。

WP-Membersがインストールされていれば、設定なしで使えるプラグインなので、登録時にユーザー名の扱いに手を焼いている方にはお勧めです。
登録画面の例

おまけ

ちなみにWP-Membersを使っていないWordPressのサイトで、同様にユーザー名の代わりにメールアドレスのみでユーザー登録できるようにしたい場合は、Smart WP Loginというプラグインがあるようです。

マッチングサービスの始め方 7日間動画セミナー(無料)

登録はこちら

こんなお悩みございませんか?

「プログラミングの知識はないけど、マッチングサービスを作ってみたい」
「マッチングサービスを作ってみたいけど良いアイデアが思いつかない」
「アイデアはあるけれど、実現できるのか自信が無い」
「自分のWebサービスを作ってみたい」
「副業を始めたい」

そんなあなたがこの無料セミナーを受講すると

・成功するマッチングサービスの考え方が身につき、いくつでもアイデアを考えられるようになります。
・大きな金額を投資すること無く最大の成果を上げることができます。それに万が一、サービスが上手くいかなかった時でも、すぐに次のアイデアに挑戦できます。
・開発を外注すること無く、ほぼ無料で、かつ、スピーディーにサービスを開始することができます。また、アイデアが思いついたら、いくつでもサービスを作ることができます。
・サービスが軌道に乗ればWebサービスで起業や副業を始められます。

知識0でも今話題のマッチングサービスを始められるようになる!
登録はこちら