WP-Members:ユーザー名の代わりにメールアドレスでユーザー登録できるようにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WordPressで会員サイトを作るためにWP-Membersを利用してるのですが、ユーザーの登録画面にあるユーザー名の扱いに困っていたので、その問題と私が採用した解決策をお伝えします。

ユーザー名必須問題

WordPressでは、ユーザーの登録時にユーザー名(username)の入力が必要となります。

登録画面の例

この項目はログイン時に利用したり、ユーザーの名前として表示されたり、WordPressを利用していると色々な場面で目にすることがあるのですが、ユーザー名というよりはユーザーを識別するためのIDのようなものです。

ユーザー名の登録は英数字のみ利用が可能なのですが、ここが日本語でサイト構築をしているとネックとなります。
我々日本人としては、ユーザー名と言えば、多くの場合、まずは漢字やひらがな、カタカナを使って入力しようとします。
ところが、いざ登録しようとすると、「ユーザー名は英数字のみ使えます」みたいなメッセージが表示されて登録できないことになります。

そうすると「うん?ユーザー名なのに英数字のみってどういうこと?」って多くの方はなると思うんですよね。

また、ユーザー名は英数字しか利用できないので、結局ユーザー名の下に、名前を入力する項目を作らなくてはいけなくなります。
これもユーザーからすると「うん?ユーザー名と姓と名ってどう違うの?」ってことになってしまいます。

Email as Username for WP-Members

この問題の解決策として利用したのがEmail as Username for WP-Membersというプラグインです。
このプラグインはWP-Membersを利用している場合に、ユーザー登録画面からユーザー名の入力項目を非表示にし、代わりにメールアドレスをユーザー名として登録してくれます。
また同時にメールアドレスでログインできるように変更してくれます。

WP-Membersがインストールされていれば、設定なしで使えるプラグインなので、登録時にユーザー名の扱いに手を焼いている方にはお勧めです。
登録画面の例

おまけ

ちなみにWP-Membersを使っていないWordPressのサイトで、同様にユーザー名の代わりにメールアドレスのみでユーザー登録できるようにしたい場合は、Smart WP Loginというプラグインがあるようです。

WordPressでWebサービスを作ってみませんか?

WordPressでWebサービスを作る方法を教えるセミナーを開催します。
プログラムの知識は一切不要なので、安心して参加ください!

無料e-book:ノンエンジニアでもWebサービスが作れるようになるためのマル秘テクニックガイド

あなたはプログラムやデザインの勉強をしないとWebサービスが作れるようにならないと思っていませんか?

確かに複雑なWebサービスを作るためには、プログラムやデザインのスキルが必要になってきます。
しかし、そういったスキルが無くても作れるWebサービスはいくつでもあるのです。

では、どうすればプログラムやデザインの勉強をしないでWebサービスが作れるようになるのでしょうか?
それには秘訣があるのです。

今回、その秘訣を50ページ以上に渡って解説したe-bookを無料で差し上げます!

この機会にぜひ手に入れてください。

無料e-bookを手に入れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。