WordPressでWebサービスを作るならテーマはOnePressがお勧め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私はよくノンプログラマー向けに、WordPressでWebサービスを作るセミナーを開催しているのですが、そこでいつも紹介しているのが、OnePressというテーマです。

今回は、なぜOnePressがWordPressでWebサービスを作るときに最強なのかを事例を交えて説明いたします。

お勧めの理由1:トップページがそのままサービスの説明ページになる
お勧めの理由2:デザインがシンプルで見やすい
お勧めの理由3:ページのレイアウトがWebサービスにもってこい
お勧めの理由4:その他細かい設定が可能
お勧めの理由5:ここまでできて無料

さて、ここからそれぞれ詳細に説明しますね。

お勧めの理由1:トップページがそのままサービスの説明ページになる

Webサービスでは、そのサービスがどういったもので、どのようにユーザーの役に立てるのか、またどうやって利用するのかなどを説明する必要があります。そして、それらの説明はトップページで行うことが多くあります。
ところが、たいていのWordPressのテーマはブログで利用することを前提としているため、トップページは記事のリストになっているものがほとんどで、サービスの説明を載せるのが難しいものが多いです。

そんな中、OnePressのトップページでは、一番目立つところに、サービスを印象付ける写真とキャッチコピーを表示し、その下にサービスの詳しい説明や特徴、さらにサービスを作った人たちの紹介、サービスに関する利用者数や満足度などの具体的な数字を掲載できるなど、Webサービスを説明するために十分な情報を掲載することができます。

これが実際に私がセミナーで作り方を教えているトップページの画像となります。
original

一見してどういったサービスなのかがわかるようになっていると思います。

お勧めの理由2:デザインがシンプルで見やすい

OnePressの魅力として、そのシンプルなデザインが挙げられます。
先ほど見ていただいたトップページの画像からも分かるように、白がベースとなっており、ところどころ水色の差し色を使うことでクリーンな印象になっています。
また、シンプルなので、どのようなサービスでも使うことができます。
OnePressでできたサイトを見た人は、まるでプロのデザイナーが、そのサービスのために特別にデザインしたものだと思ってしまうのではないでしょうか。
もちろん、PCでもスマホでも見やすいレスポンシブ対応となっています。

お勧めの理由3:ページのレイアウトがWebサービスにもってこい

OnePressではテンプレートが3種類用意されています。
WordPressは初期状態のテンプレートが一種類あるので、合計で4種類のテンプレートが使えます。テンプレートというのは、ページのレイアウトを決めるものだと考えてください。固定ページを作る際にページ属性で選択できます。

WordPressの初期状態で入っているテンプレートでは、ページの左側に記事を表示し、右側にサイドバーを表示します。通常サイドバーにはウィジェットを表示して使います。検索ボックスやカテゴリーの一覧の表示などによく使われていますね。
2016-08-14_17h30_30

上のレイアウトだと常に右側にサイドバーが表示されてしまいますが、Webサービスではサイドバーを一切表示したくないページもあります。そのようなページにはOnePressが提供する「全幅」というテンプレートを利用するとサイドバーが表示されなくなります。
2016-08-14_17h32_37

残りの二つはトップページと左側にサイドバーを表示できるテンプレートとなります。

お勧めの理由4:その他細かい設定が可能

ロゴの設置や、リンクやボタンの色の設定、お問い合わせのフォームの設置(Contact Form 7のインストールが必要)、カスタムCSSの記述など、サイトの細かい設定が可能です。
2016-08-14_17h35_41

ただし、Google Analyticsのトラッキングコードの設定は提供されていないので、別途Google Analytics by Yoastなどのプラグインをインストールする必要があります。

お勧めの理由5:ここまでできて無料

OnePressの最後のおすすめポイントは、シンプルで美しく、便利な設定が多数できて”無料”ということです。無料のテーマは他にもたくさんありますが、ここまで使い勝手の良いテーマはあまりありませんよね。
なおOnePressには有料版もあり、そちらではトップページの各セクションの順番を並べ替えたり、お客様の声セクションを追加できたり、フッターからOnePressの文字を消したりと、より柔軟なカスタマイズができるようになっています。

まとめ

以上見てきたとおり、WordPressでWebサービスを作るときのテーマはOnePressがお勧めです。
5つのおすすめポイントを書いてきましたが、中でもトップページがWebサービスの解説ページとして利用できる点が、本当に魅力的だと思います。

OnePressは以下のページから入手できますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

OnePress

無料e-book:ノンエンジニアでもWebサービスが作れるようになるためのマル秘テクニックガイド

あなたはプログラムやデザインの勉強をしないとWebサービスが作れるようにならないと思っていませんか?

確かに複雑なWebサービスを作るためには、プログラムやデザインのスキルが必要になってきます。
しかし、そういったスキルが無くても作れるWebサービスはいくつでもあるのです。

では、どうすればプログラムやデザインの勉強をしないでWebサービスが作れるようになるのでしょうか?
それには秘訣があるのです。

今回、その秘訣を50ページ以上に渡って解説したe-bookを無料で差し上げます!

この機会にぜひ手に入れてください。

無料e-bookを手に入れる

WordPressのサポートやってます

WordPressで困ったことや相談したいことがあれば、ぜひご活用ください。
全力で解決いたします。
即対応!WordPressの困りごとを解決します WordPressで困っているあなたへお勧め!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。