記事を書くのが苦手な人でも確実に副業を始められる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、副業を始めたいという方から、多くご相談いただくことが、

「アフィリエイトを始めたいけど、記事を書くのが苦手。」

「クラウドソーシングでライターとして活動したいけど、記事を書くのが苦手。」

というものです。

この気持ち、私には良くわかります!

実は私も記事を書くのが大の苦手なんです。

どのくらい苦手かというと、このブログを始めたのは約2年半前ですが、その間に書けたのは、わずか20記事で、1年に10記事も書けませんでした。

※最近は頑張って一週間一記事を目指して書いてます(`・ω・´)

そこで、今回は、私のように記事を書くのが苦手な人でも、自分のサービスを作って副業を始められる方法を、私の実例を交えてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ビジネスをスタートするために必要な3つの経験

はじめにビジネスをスタートするためには、以下に挙げる3つの経験が必要となります。

①サービスを作る

②集客する

③販売する

この3つを一度に全部やろうとすると、初心者の場合、成功することが難しくなります。

そこで、お勧めなのは、簡単な順に一つ一つ着実に経験していく方法です。

最初に販売する

まずは最初に販売をする経験を積むことからスタートしましょう。

「サービスも作らずに、集客もせずに、販売する方法なんてあるの?」

と思ったあなた、鋭い!

でも、次のサービスを使うとそれが簡単に実現できます。

そのサービスとは、そう

メルカリ

です。

ご存知のとおり、メルカリを使えば、手元にある不要な商品を出品するだけで、商品を作る必要もなく、集客する必要もなく、ビジネスが始められます。

「メルカリで販売するなんて、ビジネスとは言えないだろう。」

そう思うかもしれませんが、もしまだ販売したことが無ければ、ぜひ出品してみてください。

意外と考えることが多くて、すごく良い練習になることがお分かりいただけると思います。

「どんな風に説明したら買ってもらえるかな?」

「他の人はどうやって売っているんだろう?」

「値段はいくらにしよう?」

「売れたら自分はいつ梱包できるだろう?」

「傷がついている部分はちゃんと説明しなきゃダメかな?」

なんてことに頭を使いますし、また、

「売れなかったらどうしよう?」

「クレームが来たらどうしよう?」

「気持ちよく売買ができなかったらいやだな」

というような、不安や恐れも経験できます。

それに、

「買ってもらうためには信用が必要なんだな」

「やり取りに良く使うメッセージはテンプレート化しておこう」

ということもわかってきます。

どうでしょう?

これでも

「メルカリで販売するなんてビジネスとは言えないだろう。」

と思いますか?

そう思うなら、まずは出品して販売を経験してみてください

必ず学ぶことがあるはずです。

サービスを作って販売する

メルカリで販売するのに慣れたら、次はココナラタイムチケットで販売してみます。

また、教える系のサービスであれば、ストアカを使ってセミナーを開催することもお勧めです。

ここでは自分のサービスを作って販売するという経験ができます。

「でも、どんなサービスを作ったら売れるんだろう?」

そう迷ったら、次のステップでサービスを作りましょう。

①自分ができそうなサービスをいくつか探す

②その中でよく売れているサービスに絞る

③そのサービスよりちょっと良くする

④販売ページをしっかり書く

これから順番に説明していきます。

まずは確実に売れているサービスを真似するところから始めましょう

どうして真似るかと言うと、新しいサービスを考えて作ってみても、結局、誰も買わないサービスとなってしまう可能性が高いからです。

具体的な方法は、まず、自分ができそうなサービスをいくつかココナラやタイムチケットで探してみてください。

そして、いくつか見つかったら、その中でよく売れているサービスに絞ってください。

結局、自分ができそうだと思っても、あまり売れていないサービスを真似してしまっては、それも売れないことになってしまうので意味がありません。

ですので、そこそこ販売実績があるサービスに絞ることが重要です。

自分が提供できそうなサービスが見つかったら、次に差別化を考えましょう。

同じサービスであれば、ほとんどのお客様は、既に実績のある既存サービスを購入してしまうので、あなたのサービスを購入したくなる理由が必要となってきます。

既にあるサービスよりもちょっと良いというような形で差別化しましょう。

また、できればこの段階でコピーライティングも勉強して、販売ページに反映しましょう。

もしかすると、それだけで、真似をしたサービスより多く売れるかもしれません。

なお、コピーライティングについては、以下の二つの書籍が大変勉強になります。

それと、サービスを作る際に、もう一つ大切なことは、サービスを販売するたびに、自分のブログに事例を掲載していくということです。

これについて詳しくは次の章で述べます。

サービスを作って集客して販売する

さて、いよいよ最後のフェーズです。

ここまでで、あなたは自分のサービスを販売する経験ができています。

ただし、お客様はサービスを掲載しているココナラやタイムチケットなどの利用者に限られていました。

つまり、集客はそれらのWebサービス任せとなっている状態です。

そこで、最後のフェーズでは、自分で集客できるようにします。

自分で集客できるようになると、ココナラやタイムチケットなどのWebサービスに依存しないため、より多くのお客様にサービスを利用してもらえますし、手数料も支払わなくて良くなります。

そして、この集客に利用するのがブログです。

ブログを作ることが集客の第1歩となります。

ブログの記事については、前の章で書いた通り、ココナラやタイムチケットなどで販売するたびに書くようにしましょう。

例えば、問題を解決するサービスであれば、どんな問題があってどう解決したのかを書きます。

アドバイスをするサービスであれば、どんな状態の人やモノに、どのようなアドバイスをしたのか、その理由はなぜか。

イラストを描くようなサービスであれば、どんな点に注意して書くと上手に書けるのかなどです。

記事が増えてくると、検索エンジン経由であなたのサイトに訪れてくれる人が増えていきます。

あなたの記事を読んでくれる人は、ココナラやタイムチケットなどで購入してくれた人と同じ悩みを持つ人なので、購入してくれる可能性が高くなります。

つまり、あなたのサービスにマッチした人が自然と集まってくる状態を作ることができるようになるということです。

なお、ブログはWordPressで作ることをおすすめします。

理由は、無料のブログだと、素人のように見えてしまうのと、運営側のポリシー変更で、将来的に販売が禁止される可能性があるからです。

また、最初は販売ページが無くても、記事だけでも大丈夫です。

記事が増えてきたら、商品の説明ページと支払いページを作りましょう。

支払いページについては、クレジットカードに対応するなど、支払いやすくしておくと良いでしょう。

ここまでで、あなたは自分のサービスを誰にも依存せずに販売することができるようになりました。

実際の例

私はいくつか副業をしていますが、今回はWordPressの問題解決サービスを例に説明します。

私はもともとWordPressについて深い知識を持っていたため、ココナラでWordPress関係のサービスを探し、似たようなサービスをいくつか販売してみました。

すると、その中でも、WordPressの問題を解決するサービスが人気となり、100件以上販売することができました。

そこで、途中から、ワードプレス・レスキューというブログを作り、そこに解決した問題と、その方法を掲載するようにしました。

現在はココナラでの販売は休止していますが、ワードプレス・レスキューには、私の記事を見た方からサービスの申し込みをいただいております。

ココナラで販売していた時は、他の出品者との競争があるため、価格も抑え気味にする必要がありましたが、ワードプレス・レスキューはそういった競争が無いため、自分が適正だと思える金額で販売をすることができています。

また、当然、手数料を引かれることがないので、売り上げは全部私のものとなっています。

まとめ

今回は、記事を書くのが苦手な人でも、自分のサービスを作って副業を始められる方法を、私の事例を交えてご紹介しました。

具体的な流れは、

・メルカリで販売する

・ココナラやタイムチケットなどで自分のサービスを販売する

・ブログを作って販売するたびに記事を書く

・ブログで集客し販売する

というものでした。

あなたもぜひこの方法を実践して、自分のサービスでの副業をスタートさせてくださいね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。