会社を辞めて生きていけるのか?そんな不安から抜け出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私は今は起業して、自分でビジネスをしていますが、会社員のころは年齢を重ねるにつれ、その先にやってくるかもしれない危機に漠然とした不安を抱えながら生きていました。

今回はそのころの不安と、そこから抜け出した方法を書いてみようと思います。

会社員のころの不安

私は外資系の会社でWebエンジニアとして勤務していたのですが、当時は
「転職も厳しい年齢に近づいてきたし、外資系だし、急にクビになったらどうしよう」
とか
「そのうち、つまらない部署に異動させられたらどうしよう」
といった漠然とした不安を日々抱えていました。

また結果として、
「会社に嫌われないようにしよう」
という考えになり、保守的な行動パターンに陥ってしまいました。

ところが、最近はそういった不安はあまり感じないようになりました。

既に会社員を辞めているので、状況が違うといえば違いますが、仮に会社員に戻ったとしても、同じ不安を感じることはないと思います。

では、どうして不安を感じなくても済むようになったのでしょうか?

ビジネスの一通りの流れを全部経験する

それは自分で商品を作って、売って、請求書を発行し、代金を回収し、納税するところまで全部を経験して、ビジネスの流れというか要領みたいなものが分かったからなんです。

会社員のころは言われたものを作っていただけだった

よく「大企業に入ると会社の歯車になるぞ」的な話がありますが、私も確かに歯車の一部でした。
(別に歯車であることが悪いことだと否定しているわけではありません。各自がそれぞれの得意分野で協力し合って成果を出せる会社という仕組みはとても素晴らしいものだと思います。)

私は会社ではWebエンジニアだったので、Webサービスを一生懸命作っていました。
言い方を変えるとWebサービスを作ることしかしていませんでした。
つまり、

  • 営業しなくてもいい
  • 契約書を作らなくてもいい
  • 商品を考え無くてもいい
  • 請求しなくてもいい
  • 確定申告しなくてもいい

と、ビジネスで必要なことのほとんどを経験していなかったのです。

こんな状況でしたから、何か面白そうなビジネスのアイデアが浮かんでも、

  • どうやって営業すればいいんだろう?
  • 契約書の書き方は?
  • 請求書の書き方は?
  • 銀行の口座は?
  • 確定申告ってどうやるの?

といった具合で、「?」だらけの状態でした。

で、結局何も始められずにいました。

私と同じように、ほとんどの会社員は、ビジネスの1部しかやっていないと思います。
それでせっかくアイデアがあっても、全体の流れが分からないし、やり切れる自信もないので動き出せずにいるのではないでしょうか。

ところが、サービスを作って、それを売って、お金をもらって、納税するところまで全部経験して、ビジネスの流れみたいなものを何度か経験すると、会社を辞めても何とかなると思えるようになります。

セミナーを開いて経験を積もう

では、具体的にどうすればいいのかをここから説明します。

私のお勧めは「セミナーを開く」ことです。

「セミナーを開くといっても教えることがない」と思われるかもしれませんが、自分が普段当たり前にやっていることでも、初心者からしたら、知りたい情報ということはとても多いです。

例えば、会社で何気なくエクセルを使っている人は多いと思いますが、それでも世の中には「エクセルの使い方 初級講座」みたいなものはごまんとあります。

まさに、知らない人にとっては、初級の知識でもお金を払いたい状態なわけです。

あなたも安心して、初心者向けに教える講座を考えてみてください。

でもいきなり全部はやらない

ただし、セミナーを開催してビジネスの流れを経験すると言っても、初めからいきなり全部をする必要はありません。

最初は講座を作るところに専念して、売るところと請求するところは他の人に任せてしまいましょう。

具体的な方法としては、

  1. セミナーをいくつか企画する
  2. それを全部ストアカに登録する
  3. セミナーを開く

以上です。

ストアカはセミナーを開催したい人が気軽にセミナーの販売をできるWebサービスです。

ストアカ | 日本最大級のスキル・趣味・習い事のマーケット

ストアカはセミナーの登録費は無料なので、いくつか登録しておきましょう。
どれが人気セミナーになるかはわかりません。

さらにストアカを利用すると、集客と集金はお任せできます。
その分手数料は取られますが、初めから全部やるより、はるかに楽です。

そして、その中でよく売れるセミナーができたら、次に自力で集客できるようにしましょう。

セミナーの集客にはブログを活用する

セミナーの集客であれば、ブログからの集客が理想です。

ブログを読んでセミナーに参加してくれた人は、初めからあなたに少なからずのロイヤリティがあるので、セミナーも順調に進みます。セミナーの告知ページだけ見て参加してきた人より、はるかに楽でしょう。
ブログ集客とセミナー集客は相性抜群です。

ということで、よく売れるセミナーが見つかったら、そのセミナーのテーマに関連するブログを書きましょう。

私の場合は「ノンエンジニアがマッチングサービスを作るための日帰り強化合宿」が人気セミナーなので、私のブログでは、マッチングサービスのネタが多いです。

そしてそのブログに自作の広告を貼り付けて、ブログからもセミナーへ集客してみましょう。

せっかくブログから集客したのに、ストアカの申し込みページに誘導してしまうと、手数料がとられてしまうので、できれば自分専用の申し込みページを用意して、そこから登録してもらう方がいいです。

もちろんその時の支払いは、あなたの銀行口座にお願いします。
とは言っても銀行口座を教えるのは抵抗があるものなので、ビジネス専用の口座を作っておくと良いと思います。そうしておくと後日の確定申告でも楽になります。

そして、最後は確定申告をしましょう。
確定申告は面倒なイメージがありますが、やってみると意外と簡単です。本一冊買ってきて読めば十分に理解できます。
ちなみに私は以下の本を読んで、しっかり節税いたしました。

まとめ

自分のサービスを自力で売ると、普段会社では経験のできない感動を覚えたり、自信がわいてきたりします。

時間がかかる方法ですが、自分のビジネスを持てると、とても人生がポジティブに変わりますよ。
この記事を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

マッチングサービスを作りませんか?

「ノンエンジニアがマッチングサービスを作るための日帰り強化合宿」というマンツーマンの講座を開催しています。
毎回大変好評で「WordPressの知識だけで本格的なWebサービスが作れた!」という参加者からの声を多数いただいております。
是非こちらのページをご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。