WP-MembersでBootstrapを使う方法

サイト全体でBootstrapを使っている場合、WP-Membersが生成しているテンプレートにもBootstrap用のidやclassを持つように変更したいものです。
今回はログイン画面と登録画面でBootstrapを使うように変更してみたので、それについて書きたいと思います。

ログイン画面をBootstrapで変えてみる

変更前のログインフォーム

変更にはwpmem_login_form_argsというフィルターを使います。
wpmem_login_form_argsの詳細な使い方はこちらに書かれています。

今回はボタンのスタイルを変えるために、以下のコードをfunctions.phpに書き加えました。

この様にボタンにBootstrapの定義が反映されました。
変更後のログインフォーム

登録画面をBootstrapで変えてみる

同様に登録画面にはwpmem_register_form_argsとりうフィルターがあるので、同じように変更すればボタンのデザインをBootstrap対応にできます。

なお、もっと複雑な変更をしたいという場合はwpmem_register_formというフィルターを使えば変更できるようです。その場合はこの記事が役に立ちそうです。

その他のフィルター

その他WP-Membersの出力を変更するためのフィルターがあるので、詳しくはこのページを見てみると良いと思います。

マッチングサービスの始め方 7日間動画セミナー(無料)

登録はこちら

こんなお悩みございませんか?

「プログラミングの知識はないけど、マッチングサービスを作ってみたい」
「マッチングサービスを作ってみたいけど良いアイデアが思いつかない」
「アイデアはあるけれど、実現できるのか自信が無い」
「自分のWebサービスを作ってみたい」
「副業を始めたい」

そんなあなたがこの無料セミナーを受講すると

・成功するマッチングサービスの考え方が身につき、いくつでもアイデアを考えられるようになります。
・大きな金額を投資すること無く最大の成果を上げることができます。それに万が一、サービスが上手くいかなかった時でも、すぐに次のアイデアに挑戦できます。
・開発を外注すること無く、ほぼ無料で、かつ、スピーディーにサービスを開始することができます。また、アイデアが思いついたら、いくつでもサービスを作ることができます。
・サービスが軌道に乗ればWebサービスで起業や副業を始められます。

知識0でも今話題のマッチングサービスを始められるようになる!
登録はこちら