マッチングサービスを運営するメリットとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

何かの問題で困っている人と、その問題を解決できる人を結び付けてあげることで、報酬が手に入るのがマッチングサービスです。

今回は、マッチングサービスの運営を行う運営者のメリットについてお伝えします。

なお、マッチングサービスには、不動産業者や旅行代理店などのオフラインで提供されるサービスと、インターネット上で提供されるオンラインのサービスがありますが、ここでは後者のインターネット上で提供されるオンラインのサービスを対象としてお伝えします。

スポンサードリンク

マッチングサービスを運営するメリット

マッチングサービスを運営するメリットには次の4つが挙げられます。

  • 初期投資がほとんどかからない
  • ランニングコストが安い
  • 自分自身に問題を解決する力がなくても始められる
  • アイデアがあればいくつでも始められる

初期投資がほとんどかからない

一つ目のメリットとしては、店舗や在庫を持たなくてもよいため、初期投資がほとんどかからないということが挙げられます。

ほとんどのビジネスでは、販売するためのお店を準備したり、販売する商品を仕入れなければなりません。

そのためには初期投資として、まとまった額のお金が必要となります。

規模にもよりますが、お店を借りるのに頭金で何十万円、改装するのに何百万円と掛かります。

また、扱う商品にもよりますが、仕入れも何十万円から何百万円と掛かるでしょう。

お店を用意して商品を並べることで、確実に利益が出るのであれば、この初期投資は負担になったとしても、無駄にはなりませんが、現実はそう甘くありません。

そこまでしても、利益が出ずに閉店するお店がたくさんあるのは、あなたも十分知っていることでしょう。

一方、マッチングサービスの場合は、そのような店舗や在庫を準備する必要がなく、インターネット上にサイトさえあれば始めることができます

そのため初期投資も低く抑えられます。

サイトの作成もプロに依頼すれば、何百万円と掛かってしまいますが、例えば私が開催しているようなマッチングサービスを自分で作れるようになるセミナーに参加すれば、セミナー参加費の他は、サーバー代(1年で1~2万円)やドメイン代(1年で1~2万円)だけで始めることができるようになります。

また、初期投資がほとんどかかっていないため、仮にサービスがうまくいかなかった時でもダメージを低く抑えることができます

ランニングコストが安い

インターネットでマッチングサービスを始めると、初期投資がほとんどかからないだけでなく、さらにランニングコストも低く抑えることができます。

実店舗を構えた場合は、毎月の家賃や、什器等のレンタル代、水道光熱費がかかります。

また、お店に在庫を置ききれない場合は、在庫をストックしておくための倉庫代も別にかかってきます。

一方、インターネット上のマッチングサービスであれば、必要なのはレンタルサーバー代とドメイン代だけで、これは合計で年間2,3万円で済みます。

実店舗を持った場合のランニングコストと比較すると、圧倒的に安く済むのがお分かりいただけると思います。

自分自身に問題を解決する力がなくても始められる

マッチングサービスのメリットの三つ目は、自分自身に問題を解決する力がなくても始められるという点です。

通常、ほとんどのビジネスは、利用者の問題を解決してあげることで報酬を得ています。

例えば美容師の場合は、髪を切りたいけど自分では上手に切れないという問題を、おしゃれに髪を切るという通常の人は持っていない能力を使って、解決してくれます。

そのため、髪を切ってもらった人は美容師に対して報酬を支払います。

同じように、プログラマーはプログラミングという能力で問題を解決し、寿司職人はおいしい寿司を握るという能力で問題を解決しています。

このように、特別な能力を身につけるためには、学校で学んだり、現場で修業をしたうえで、さらに何年もかけて能力を磨き続ける必要があります。

一方、マッチングサービスの場合は、自分にはそのような問題を解決する能力が無くても、始めることができます

アイデアがあればいくつでも始められる

先ほど、マッチングサービスの場合は、特別な問題を解決する能力が無くても、始めることができると書きました。

では、まったく何の能力が無くても始められるのでしょうか?

もちろん、マッチングサービスを始めるためにも必要な能力はあります。

それは、サイトを作る能力と、そこに人を集める能力です。

そして、この二つの能力を手に入れれば、マッチングのアイデアが思いついたときに、いくつでもマッチングサービスを始めることができるようになるのが四つ目のメリットとなります。

まとめ

今回は、マッチングサービスを運営するメリットとして、以下の4つをご紹介しました。

  • 初期投資がほとんどかからない
  • ランニングコストが安い
  • 自分自身に問題を解決する力がなくても始められる
  • アイデアがあればいくつでも始められる

実際に私の会社でも2つのマッチングサービスを行っていますが、これらのメリットを強く実感しています。

実はどちらのサービスも、同じサーバーを利用しているので、二つ目のサービスを始めたときに必要だったのは、ドメイン代だけでした。

それに、ランニングコストもべらぼうに安く、毎月まとまった出費となるのは自分たちの人件費だけです。

また、一つ目のサービスを作ったときに、マッチングサービスの始め方や運営の仕方を学んだので、二つ目のサービスを始めたときは、ほとんど苦労することなくスタートすることができました。

もし、あなたが、新しいビジネスを始めたいと考えているのであれば、マッチングサービスを検討してみてはいかがでしょうか

マッチングサービスを作りませんか?

「ノンエンジニアがマッチングサービスを作るための日帰り強化合宿」というマンツーマンの講座を開催しています。
毎回大変好評で「WordPressの知識だけで本格的なマッチングサイトが作れた!」という参加者からの声を多数いただいております。
是非こちらのページをご覧ください。
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。